株式会社 イノアコーポレーション

イノアコーポレーションはコートマイクロカプセル化技術を駆使し、原料粉末のマスキング・コーティングを受託製造しております。

 
HOME»  受託内容»  反応防止コーティング

粉末/錠剤のコーティング/マスキング

反応防止コーティング


●顆粒/粉末の場合

 常温では固形の硬化油、ワックス等を加熱溶融して原料粉末、顆粒にコート後、冷却して周囲をカプセル化する「ドライコートマイクロカプセル」や、水溶性または非水溶性フィルムでコート後、乾燥しカプセル化する「フィルムコートマイクロカプセル」により、接触(混合)すると反応〈褐変、発泡、ガス化〉する顆粒や原料粉末の一方または両方を処理することにより、互いの接触を防止し反応を妨げる。

 水中で反応させたい場合は、水溶性フィルムを使用する事により、大気中での反応を防ぎ水中投入時に反応させることが出来ます。

顆粒/粉末

  【健康食品応用例】

  • 褐変防止コート
    ローヤルゼリー、アミノ酸、ビタミンC、クエン酸、グルコサミン、コラーゲン、鉄化合物
  • ガス化(発泡)防止コート
    重曹

【適用製剤】

スティック/三方シール/パウチ分包用顆粒/粉末ハードカプセル用粉末

※分包、カプセルから最終包装まで承っております。

 

【その他の応用例】

発泡性洗浄剤、触媒

●錠剤の場合

 原料粉末や顆粒を打錠した後、フィルムコーティングを行います。

 尚、対象原料のみを「コートマイクロカプセル」化した後、他原料と混合して打錠する事により、錠剤をコートせずに反応の防止が可能になりました。