株式会社 イノアコーポレーション

イノアコーポレーションはコートマイクロカプセル化技術を駆使し、原料粉末のマスキング・コーティングを受託製造しております。

 
HOME»  受託内容»  流動性改善コーティング

粉末/錠剤のコーティング/マスキング

流動性改善コーティング


● 顆粒/粉末の場合

 常温では固形の硬化油、ワックス等を加熱溶融して原料粉末、顆粒にコーティング後、冷却して周囲をカプセル化する「ドライコートマイクロカプセル」や、水溶性または非水溶性フィルムでコーティング後、乾燥しカプセル化する「フィルムコートマイクロカプセル」により流動性を大幅に改善します。

 このことにより、流動性改善のために賦形剤を入れることなく、分包やハードカプセル充填、打錠ができますので、全体の処方量を減らすことが可能になりました。また、打錠の場合は錠剤硬度の向上が計れます。

  • ハードカプセルの場合
    ホッパー内での原料粉末閉塞及びカプセル内への充填不良の防止
  • 打錠の場合
    ホッパー内での原料粉末閉塞及び充填不良による錠剤重量のバラツキを防止
  • 分包の場合
    ホッパー内での原料粉末閉塞防止及び充填スピードのアップ

 

【健康食品/食品原料応用例】

微粉砕原料末(海藻、植物の葉及び皮、魚)、油吸着粉、スプレードライ末、

【適用製剤】

スティック/三方シール/パウチ分包用顆粒/粉末、ハードカプセル用粉末、錠剤用粉末

※分包、カプセル、錠剤から最終包装まで承っております。